『延安の娘』 上映会
(2005年5月の茶館銀芽特別企画)

終了いたしました。

最終更新 2005/04/12

日時 : 5月27日(金) 20:00開演 120分
      19:15開場 お茶を飲んでいただけます
会場 : 茶館銀芽 (山王オーディアム)
料金 : ¥2200 (中国茶とお茶請け付き)

*チケット制ですので、お申し込みの方にはお送りさせていただきます。
                    [ご予約・お問い合わせはこちらから]




『延安の娘』は、中国で取材したドキュメンタリー映画で、フィクションのような物語性に富んだ作品です。「事実は小説より奇なり」というのは真だと思わせます。テーマは簡単に言うと実の親探しなのですが、その背景にはそれに関わる人々の複雑な物語があるのです。文化大革命のことをご存じの方はまた別の感慨を持たれることでしょう。

 それに特筆すべきは、全編を流れる音楽です。延安は黄土高原のまっただ中にある陝北地方の一地方で、新中国成立前は革命根拠地のあった所。自然条件が非常に厳しいため、極貧の生活を強いられてきた地方です。その中で生まれた慷慨激越と評される曲調は、人の心を打たずにはおきません。その曲調を素材に、いま映画音楽で最も活躍中の三毛が作曲しています。

 この映画は、ほとんどが自主上映で広まっているものですが、監督の池谷薫氏の意気に感じて、茶館銀芽での上映を企画致しました。ぜひご覧いただきたいと思います。

>> 『延安の娘』の公式サイト

 



ご予約・お問い合わせは ラサ企画 まで
[お問い合せ先はこちら]

 

close