Skip to main content.
← 前頁 次頁 →

Archives

This is the archive for September 2007

9月21日〜25日は、中国に行きますので、留守に致します。この間いただいたメールへのお返事は26日以降になりますので、ご了承下さいませ。

Thursday, Sep 20, 2007

7329 times.

 


下記HPに詳細が出ています。
http://ent.cctv.com/special/C19111/01/index.shtml

申込書もダウンロードできるはずです。
すでに日本人も数人エントリー名簿に入っていました。

不明の点は、ラサ企画までお問い合わせ下さい。
ラサ企画お問い合わせ先はこちら

Monday, Sep 17, 2007

7256 times.

 


前回のお知らせでは、独奏を前提になっていましたが、アンサンブル組もあります。
2〜15人のグループで、中国伝統楽器のみでも西洋楽器を含んでもかまいません。アンサンブル組の予選で送付するCD及びDVDは2曲です。その他必要なものは独奏と同じ。

コンクール参加を募集しているのは、海外組の場合、擦弦楽器、撥弦楽器、管楽器、打楽器の独奏者及びアンサンブルです。
準決勝に進出できるのは120人で、内訳は各種楽器それぞれ30人、30人のうち中国人少年組、青年組、海外組それぞれ10人です。アンサンブルは別に20組(伝統楽器のみの組10、西洋楽器がまじっている組10。
準決勝参加者は11月5日北京着が決まりました。決勝は日を改めて、ということになります。
なお、前回のお知らせで、準決勝、決勝とも5分以内と書きましたが、それ以上の長さでも5分以内で演奏をやめるということです。超過すると減点されます。1分のテクニック披露とは、別の曲から取り出してテクニックを見せるということだそうです。

※続報3 があります。こちらをご覧ください。

不明の点は、ラサ企画までお問い合わせ下さい。
ラサ企画お問い合わせ先はこちら

Thursday, Sep 13, 2007

7732 times.

 


9月8日、大阪いずみホールにおける公演も無事終了致しました。ラサ企画としては今まででいちばん大きな大阪公演でしたので、いろいろ反省点はありますが、お客様の反応は非常によく、最後の曲からアンコールまでの盛り上がりはすごいものがありました。
中国の音楽だけのコンサートでありましたが、初めて聴いて下さった方々からも、感動した、という感想が多々寄せられ、舞台と客席に一体感があったというご意見はとてもうれしいものでした。もっとたくさんの方に中国の楽器や音楽の良さを知っていただけることを願っております。
おいで下さった方々、出演者の皆さん、スタッフの皆さん、応援して下さったすべての方々に心から感謝しております。
終わったと同時に苦労は忘れ、また2年後に開けるよう計画していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

Thursday, Sep 13, 2007

6975 times.

 


9月8日は、大阪公演ですが、当日券は17:00より販売致します。
会場:いずみホール
開演:18:00

7日よりラサ企画は大阪へ移動し、後始末を終える10日まで留守に致します。
この間いただいたメールへのお返事は10日以降になりますので、ご了承下さいませ。

Thursday, Sep 06, 2007

7026 times.

 


予選は音源審査、準決勝から北京で行われ、中国人組(年齢別)と海外組に分かれていて、それぞれの組で1名ずつ金賞・銀賞・銅賞が授与されます。
挑戦してみたい方はラサ企画まで、送り先等詳細をお問い合わせ下さい。
www.CCTV.comでも見られると思います。

*予選参加申し込みに必要なものは、以下の通りです。
◎申し込み表(ご希望の方にはお送りします)
◎自選曲(長さ・内容とも制限無し、伴奏ありなしどちらでも)のCDとDVD
◎写真(証明写真、演奏している写真)
◎パスポートのコピーまたは住民票
◎エントリーする楽器以外に「才芸」という項目があって、できる芸術を書かなければなりませんが、例えば琵琶で申し込む人はピアノもできるとか、琵琶の即興演奏ができるとかいったことです。また楽器とは限らず、ほかの芸術、例えば書道でもいいそうです)
締め切り:9月30日
◎参加費:無料

*準決勝以後に関しては、予選通過後、詳しい通知がありますが、今のところ分かっていることは次の通りです。

準決勝
 演奏試験ー自選曲1曲(5分以内) テクニックの披露(1分)
 才芸試験ーエントリーする項目以外の芸術披露(2分以内) 
決勝:準決勝に準ずる。ただし、準決勝の曲と違う曲。
伴奏は2人まで可。ピアノ伴奏者は主催者で用意できるが、他の伴奏楽器の場合は自分で探す。カラオケ使用も可。

準決勝から北京で行われますが、参加するための宿泊費、食費は中央電視台持ちだそうです。

※続報2 があります。こちらをご覧ください。
※続報3があります。こちらをご覧ください。

ラサ企画お問い合わせ先はこちら

Thursday, Sep 06, 2007

7607 times.