Skip to main content.
← 前頁 次頁 →

Archives

This is the archive for May 2012

5月20日(日)から24日(木)は、中国へ出張のため、お休みさせていただきます。
この間にいただいたメールへのお返事は25日(金)以降となりますので、よろしくお願い致します。

Saturday, May 19, 2012

3033 times.

 


8月初旬、ジョージ・ガオさんの来日に合わせて、下記の内容で、ファンとの交流会、非公開レッスンを開きます。
今回のレッスンは、1グループ5名までの非公開レッスンとなります。グループは「賽馬」「二泉映月」「蘇南小曲」の各班、そして、どの先生も言われる「日本人はビブラートと運弓に課題が多い」ということから、基礎として最も大事な「運弓」と、曲表現に欠かせない「ビブラート」の班を設けることにしました。
ガオさんの熱心で丁寧な指導は、前回の参加者から、グループでありながら個人レッスンのように充実していたと大好評を寄せられています。今回は平日ばかりですが、来日機会が少ないですから、振るってご参加下さい。
 *交流会は『二胡之友』定期購読者優待あり

【交流会】
日時:8月7日(火)19:00~21:00(18:30開場)
演奏も数曲あり。前回も中国語・英語で楽しく交流しました。
会場:ホテルサンライト新宿(新宿区新宿5丁目15−8 電話03−3356−0391)
参加費:¥4,000(軽食付き) *『二胡之友』定期購読者 ¥3,500

【非公開レッスン】
日時:
8月8日(水)
「運弓班」13:00~14:30 
「賽馬班」15:00~16:30
「揉弦(ビブラート)班」19:00~20:30
8月9日(木)
「蘇南小曲班」13:00~14:30
「二泉映月班」15:00~16:30
会場:山王オーディアム(大田区山王1−14–7)
レッスン料:¥18,000
人数:各班5名まで
対象:楽曲班:その曲が間違えずに弾ける方
揉弦班:中級程度(どうしたら上手くビブラートがかけられるか、また、いろいろなビブラートのかけ方を習いたいという方)  
運弓班:中級程度(正確な弓の運び、曲の中で変化させる運弓方法を習得したい方)
お問い合せ:申し込みは、下記まで
 ◎『二胡之友』編集部 電話 03−6457–8896  メール info@nikonotomo.com
 ◎ラサ企画 電話 090−2725–7381  メール
 ◎中国音楽勉強会 電話 090–8771−3150 メール jfkando@nifty.com

※この記事には続報があります。こちらをご覧ください。

Monday, May 14, 2012

3652 times.

 


 4月8日(日)大阪ザ・フェニックスホールにおいて開催した表記コンサートは、大成功のうちに終了致しました。遅まきながら、演奏者の皆さん、来て下さったお客様、お手伝いいただいた方々に篤く御礼申し上げます。
 東日本大震災復興応援という目的を踏まえて、出演者の皆さんの多大な協力により、チケットは完売し、当日も満席となりました。
 この度のコンサートは、揚琴奏者沈兵を中心に、二胡の張連生、琵琶の葉衛陽、古箏の戴茜という関西在住のメンバーで行われましたが、ソロも、工夫を凝らされた合奏も素晴らしく、舞台と客席ともに終始熱気溢れるコンサートとなりました。    
 4人の合奏では、息の合ったアンサンブルの妙を聴かせ、それぞれのソロでは初めて中国音楽を聴く来場者のために楽器の説明も行い、揚琴と二胡、琵琶、古箏の二重奏では、撥弦楽器同士の掛け合いも興味深いものがありました。
 皆様のご協力のお陰で、終演後、経費を除いた全額18万円余りを「NPO法人 日本チェルノブイリ連帯基金」の「福島原発被災者支援」へ送ることができました。
 これからも、まだまだ続く復興への応援のために、音楽でできることを考えていきたいと思います。ありがとうございました。

Monday, May 07, 2012

3154 times.

 


お誘い 
         呼びかけ人 銀芽アンサンブル
                 (代表:亀岡紀子)

 昨年3月11日に起きた大地震、大津波、そして原発事故により、1年以上経った今、懸命の努力の末、復興の始まったところもありますが、 日が経つに連れて、全面的な復興までは気が遠くなるほどの年月がかかることが分かり、現実的な不安、精神的な不安を抱えたままの方々が大勢おられることに気づかされます。それを思うと、自分に降り掛かったことでなくても、被災地の方々にいつも心を寄せて忘れないことが肝要であり、それがその方々の心の支えにもなるのではないかと思われます。
 昨年、被災地の方々に役に立てることはないかと考え、身近でできることでもあり、参加者も楽しめるものとして、演奏者も来聴者も募金をするという、復興支援イベントを開催しました。賛同して集まった人は56名、来聴者は多くはなかったのですが、寄付金額は25万円近く集まりました。それは、信頼できる「日本チェルノブイリ連帯基金」の「福島原発震災の被災者支援」項目へ寄付しました。
 少しでも被災地の方々が楽になっていることを願いつつ、 趣旨をご理解いただき、ご賛同下さる方々のご参加をお待ちしております。

【日時】2012年9月17日(月・祝)13:00開演 *終演は参加人数によるため未定
【会場】大田区民ホール アプリコ小ホール(JRまたは東急線「蒲田」駅東口より徒歩5分)
【演奏形式】中国楽器のソロ、グループ。中国楽器以外とのセッションも可。
1コマ10分、10分以内であれば何曲でも可。
【演奏参加費】1曲につき一人2000円(合奏の場合も同じ) 2曲めからプラス500円
【参加申し込み】2012年7月31日まで。25組(ソロも1組とします)
銀芽アンサンブルメンバーまたは代表亀岡紀子までお申し込み下さい。
亀岡 電話:090−2725−7381 FAX:03−5748−3040 メール
【備考】ピアノ、音響は経費節減のため使いません。カラオケ伴奏は可。
譜面台は各自準備、楽器運搬は各自でお願いします。
【実行委員】銀芽アンサンブルメンバー及び有志
【会計】収益の中から、ホール代等の必要経費を除いた全額を、直接被災地に役立つ方法で寄付。予定寄付先:NPO法人日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)の「福島原発震災の被災者支援」へ。JCFのHP:http://jcf.ne.jp

 演奏参加者が決まり、全体の時間が把握できた段階で、来聴者へのお誘いチラシを作成しますのでお誘い下さい。来聴者は無料、会場に募金箱を設けます。定員175名

Thursday, May 03, 2012

4089 times.