Skip to main content.
← 前頁 次頁 →

 今、ジャパンツアー中の二胡奏者ジョージ・ガオさんの二胡には改良が加えられています。千斤が移動できるようになっているのです。千斤の位置を変えることによって、中胡の音から二胡の音の高さの間で、二泉二胡、長城二胡に使い分けられます。普通はそれぞれ専用の二胡を使うのですが。ただ、左手の指の間隔が千斤の位置によって変わるので、よほど熟練しないと難しそうです。それから、胴には蛇皮ではなく人工皮が張られています。湖北四兄弟が開発したもので、舞台上での音は天然のものと変わりません。この作り方は門外不出だそうで、他の人には作れないとか。ジョージさんは、錦蛇は保護対象動物だから、自分もそれに協力したいのだそうです。それに、気候の影響を受けないのも人工皮のいいところとのこと。

Tuesday, May 11, 2004

12429 times.

 

この記事の続報/補足



スタッフ以外、投稿できません
:

:
: