Skip to main content.
← 前頁 次頁 →

作品解説:馬先生の東洋医学の診療所は甘粛省の山間の村にある。不作続きで、働き手は男女問わずに建設現場、農作業、炭鉱・・・と出稼ぎに行く。風邪をひいた子どもを連れてくる母親、労災をかかえる様々な男女に加え、別の村からも来訪者が絶えない。体の痛みを訴える診療所は、さながら人生の待合室のごとく、互いに生きることの苦楽を分かち合い、カメラもじっと耳を澄まし目を凝らす。表情豊かに語られる様々な人生や死生観を編み込み、1枚のタピストリーが織り上がる。(映画祭公式HPより)

Thursday, Sep 30, 2010

5527 times.

 

この記事の続報/補足



スタッフ以外、投稿できません
:

:
: