Skip to main content.
← 前頁 次頁 →

Archives

This is the archive for March 2016

演奏解釈(interpretation)クラス
~二胡学習者ステップアップのためのクリニック~

二胡学習者の中には、中級或いは上級のテクニックを持ちながら、習得したはずの曲を実際に演奏するとなると、ただ漫然とお手本を真似るだけだったり、伴奏と合わせるのが難しかったり、レッスンのキャリアーが演奏に反映しない、といった問題を抱える方が少なくありません。このままの状態が続いては、レッスンを続けるモチベーションにも影響しかねません。「演奏解釈 (interpretation) クラス」は、このような方達の問題を解決するクリニックとして2013年7月から開講しました。第4期となる2016年も内容をさらにグレードアップして4月から開講します。

内容:揚琴奏者・指導者の張林が、伴奏者としての長年の経験と豊富な音楽知識に基づき、二胡学習者の個々の問題点を検討し、解決へと導いてゆきます。受講生は、実際に課題曲を張林先生の揚琴と共に弾いて診断を受け、読譜法、楽曲の分析、適切な表現の選択法等の解説とともに、問題解決に向けて演奏解釈を実践します。

レッスンシステム:各人約30分の公開レッスン方式。毎回3名程度の受講生を募ります。原則としてレッスン2回毎に課題曲を設定し、受講生はその間に曲を仕上げてゆきます。また、公開レッスン方式ですから、受講生は、自分の順番でない時も他の受講生の演奏や先生の解説を聴くことにより、より客観的に学ぶことができます。また、聴講のみの参加も可能です。
今年度4月から取り上げる課題曲は、「牧羊女」「阿美族舞曲」「山村小景」を予定(順不同、課題曲は状況により変更する場合があります)。また、課題曲以外の曲の受講を希望される方のご相談にも応じます。
4、5月は「牧羊女」

レッスン日時:原則として月1回、第一日曜日18時から19時40分頃まで。受付開始は17時30分から。
会場:竹林閣(東京メトロ「新宿三丁目」より徒歩10分)
レッスン料:1回6,000円  聴講のみ1回1,000円

連絡先:
(安藤)携帯090-8771-3150 e-mail jfkando@nifty.com
(亀岡)携帯090-2725-7381 e-mail こちら

Wednesday, Mar 16, 2016



(C) 2005 Zhang Lin Website